岩盤浴とは

岩盤浴は、温めた石の上に身体を横たえるお湯を使わない入浴法です。
石から発せられる遠赤外線とマイナスイオンの相乗効果で身体を内側から温めます。そして大量の汗をかくことで代謝を高め、通常の生活では排泄できない体内の老廃物や毒素を排泄します。
岩盤浴は室温が約40℃、石の温度が42℃前後、湿度50%〜60%前後に調整された部屋の中で行いますので、息苦しさもなくサウナが苦手な方でも安心してご利用できます。

さらに他とは違う、Dioneのこだわりでより効果的に

Dioneの岩盤浴 詳しくはこちら

スパチェア(ゲルマ温浴)とは

手足は 血液循環が悪く老廃物がたまりやすいのですが、手足浴をすることにより血液循環を良くします。またお湯につかる全身浴と比べ、心臓に負担をかけませんし、足腰にも負担がかからないのでどなたにでも安心してご利用いただけます。
Dioneでは、手足浴器「スパチェア」を導入しています。背中と座位部と足元に岩盤浴用の石、浴槽に有機ゲルマニウム粉末を入れています。さらに高濃度の酸素を吸入していただくので岩盤浴とゲルマニウム温浴と酸素浴が同時に楽しめます。

ページトップへ